4月 12

Xperia ray でスクリーンショット(画面キャプチャ)するには電源ボタンを長押しします。いろいろいじりまくってやっと見つけました。電源ボタンを長押しすると「携帯電話オプション」のメニューが表示されます。一番下に「スクリーンショットを撮る」が出てきますのでこれを選択すればPicturesの下にpng形式で保存されます。(「スクリーンショットを撮る」が出た画面をスクリーンショットする方法は不明)

発売当初は携帯電話単体でスクリーンショットする術がなく、開発環境を使うとかそれ用のアプリをインストールするしかなかったようですね。スクリーンショットは発売後のアップデートで対応したみたいです。
ソニーモバイルのサイトに解説がありますのでそちらもどうぞ。ちなみに私のXperia ray は現在Androidバージョン2.3.4、ビルド番号4.0.1.C.1.21となってます。

iPhoneは電源ボタン+ホームボタンなのですがXperiaでそれやると画面表示が消えてしまいますね。他のAndroid端末だと電源ボタン+ホームボタン(長押しする必要あり?)で撮れるものが多いみたいです。

4月 04

先人の知恵ってやつですね。すまほん!さんその他のサイトを参考に、Xperia ray SO-03C 買ってまずやったことを書いておきます。

1.液晶保護シートを貼る

まず、液晶保護シート:防指紋・HD Professional – PRO GUARD AF for XPERIA ray SO-03C / PGAF-XPRAY03Cです。Xperiaの液晶は傷が付きやすいとのことなので早速貼りました。シート2枚とクロスが付いてます。シートはとても貼りやすかったです。今までいろんな液晶に貼ってきたけどこれが一番簡単かつ綺麗にできたかもしれない。

2.ケース必須

ケースは、レイ・アウト Xperia ray SO-03C ラバーコーティングシェル RT-SO03CC6/Bを購入しました。
マットで掴みやすいです。Xperia ray は、ケース必須!と感じました。そう感じた理由は「裏蓋外れやすい」「そのままだと薄すぎ・軽すぎ・つるつるで掴みにくい」です。裏蓋は切り込みに爪を入れてちょっと力を加えるだけで簡単に外れます。落としただけで裏蓋外れるって話もあります。掴み具合は人によるでしょうけど私はこのケース付けた方がずっと持ちやすいです。このケースのデメリットとしては隙間から携帯本体の色が見えてしまう点でしょうか?私はほとんど気になりませんが…参考までに写真を載せておきます。

3.microSDHCカード購入

microSDHCカード:Samsung 超高速 microSDHC 32GB Class10 SD変換アダプター付属 サムスン クラス10 海外パッケージ品を購入しました。標準は8GBが付いてますが、iPhoneの経験上まず足らないのとSDカード自体安いのですぐ買いました。交換の仕方ですが、パソコン使ってファイルコピーするだけでいいらしいです。念のためHiddenファイルも全部見える設定にしてまとめてコピーしました。今のところ問題ないです。

4月 04

データ通信サービスで使っていた HW-01C WiFiルータからスマートフォンに機種変更できると聞いたので、安売りしてた Xperia ray SO-03C に変更してきました。契約プランは変更せず。音声通話可能なプランへも変更できるみたいですが、それまでのプランが2年縛りなどの場合は違約金が発生するそうな。なのでそのままにしてWiFiルータからAndroid端末に変更するだけにしました。

左 iPhone 3GS 、右 Xperia ray SO-03C です。いつも使ってるiPhoneより一回り小さくてかわいいです。他のAndroid携帯はiPhoneより大きくて片手操作に無理があるのですが、rayは問題ないです。小さすぎ&軽すぎで逆に違和感があるかもしれない。私の場合はケースを付けてやっといい感じになりました。
ひととおり触ってみた感想は、やはりiPhoneは出来がいいなぁ、です。Android陣営にはもう少しがんばって欲しいです。とはいえ、jailbreakみたいなことしなくてもいろいろいじれるのでいろいろいじってみたいと思います。

preload preload preload