7月 03

ThinkPad T420s に SSD 入れてるおかげでデスクトップのHDDの遅さに我慢できなくなったのとSSD自体大分安くなってきたので、デスクトップ用にSSD購入しました。購入したのはインテル SSD 330 Series 180GB SSDSC2CT180A3K5です。120GB SSDSC2CT120A3K5のほうが割安なのですが、容量が不安だったので180GBを選択。

箱は320シリーズよりちょっと小さい。私が買ったのはキャンペーンのシールが付いてました。

中身はこんな感じ。SSD本体の他は、SATAケーブル・電源ケーブル・CD・マウンタ・ネジ・謎ステッカー・マニュアル。今回はデスクトップに付けるのでありがたくマウンタを使わせて貰います。ネジはSSDをマウンタに取り付けるものとそのマウンタをPCケースに取り付けるものが5本ずつ入ってました。4本しか使わないのに何で5本ずつ入っているのか不明。紛失時の予備用でしょうか?

SSD本体。320シリーズと違ってしっかり9.5mm高です。7mm高にはできない模様。
HDDからSSDへの移行作業は以前やったときと同様、不要ファイル削除、デフラグで前詰め、GPartedで150GBくらいにパーティションを縮めて、インテルData Migration SoftwareでHDDからSSDへコピー、HDDをSSDに交換して起動すれば終了。1時間もかからず終了しました。

交換前のWindowsエクスペリエンスインデックス。確かWDの640GB HDDです。プライマリハードディスク5.9。

SSDに差し替えたら7.3になりました。

上が差し替え前のHDDのベンチ。

差し替えた後のSSDのベンチはこんな感じ。このマザボ(M3A78-T)はSATA2(3Gbps)なので、今時のSATA3(6Gbps)ならもっと速いのではないでしょうか。とはいえ、起動・ログイン後の処理・アプリの起動や動作などHDDと比べると格段に速くなったので大満足です。静かだし。

preload preload preload